Custom製 CO2-miniからのデータ取得(その1)

日本で販売されているCustom製CO2-miniのUSBポートからデータが取得できないか検討してみたいと思います。

Custom製CO2-mini 製品紹介ページ

取扱説明書にはUSBポートからデータが取得できる方法の記述はありません。ただ少し調べてみますと本品はOEM製品で、 フロリダ州 オーモンドビーチ にあるCO2Meter社の製品のようです。

CO2Meter社のホームページ

CO2Meter社のホームページでは日本語表記もできるようで、Windows用のソフトウェアに加え、Linux用のCソースコードが公開されています。

まずはWindows用のソフトを起動してみます。ダウンロード解凍後、ZG.exeを直接に実行すると、何も設定せずともデータが表示されます。

Windowsのデバイスマネージャーから、どのポートで認識したのかを確認するとCOMとしてではなく、ヒューマンインターフェイスデバイス(HID)のUSB入力デバイスとして認識されているようです。

このソフトは簡単にデータロギング(年フォルダが自動生成され3秒おきにCSVファイルに記録される)したい場合や、センサーのキャリブレーション実施時など重宝しそうです。

次回は、WindowsにおけるUSB入力デバイス情報を取得してみたいと思います。

コメント