温度センサーにおける具体例(#3 部品の実装)

生板に、それぞれの部品を配置し、配線していきます。図面に沿って、間違いないよう配線し、半田で固定。その後、テスターで測定し、正しく配線されていることを確認します。出来上がりはこんな感じです。

これで試作機のハードウェアは完成です。

次は、ソフトウェアの実装と総合テストとなります。

コメント

  1. […] 次回の部品の実装はこちらからどうぞ。 […]