#22 実践 アプリ作成 【その3 ~DB構築-2 (MySQL for Excel その1)】

テーブルの設計・サンプルデータは出来たのですが、それをどのようにMySQLに反映していきましょうか?方法は色々とあると思います。ただ構築時は、Try-Errorの連続ですから手軽に、かつ確実に行いたいと思います。そこで、エクセルからMySQLのテーブルを更新できないものか調べてみました。

そうしたところ、MySQL for Excelが使えそうです。まず次のURLにアクセスします。

http://www-jp.mysql.com/why-mysql/windows/excel/

Download Now >>をクリックします。Image1画面を少し下にスクロールして、Windows(x86, 32-bit), MSI InstallerのDownloadをクリックします。ちなみに手元環境のExcelは2010で32bit版です。Image2
Login画面が現れるので、Oracleアカウントを用いてログオンします。

Image3
ログオンが成功し、Download Now>>ボタンを押すと、ようやくにダウンロードが始まります。Image4
ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、インストール画面が始まります。

今回は、MySQL for Excelのみインストールしたいので、Customを選択します。
Image5
[Application]-[MySQL For Excel]-[MySQL For Excel 1.3]と展開し、MySQL For Excel 1.3.5 -X86を選択の上、右矢印ボタンを押します。
Image6
確認画面がでますので、Executeを押します。Image7これでインストールが終了です。
Image8

ここでExcelを起動して、データタブを選択します。すると一番右に、MySQL for Excelというアイコンが追加されています。
Image9
ここでスキーマ-名としてECOを作成してみます。MySQL for Excelをクリックし、Local instance mysqlをダブルクリックしてローカル環境に接続します。
Image10
ちょっと切れていますが、右下のCreate New Schemaをクリックします。Image11
ここで画面が現れますので、スキーマ名としてECOとしてOKボタンを押します。Image12
Image13
これでスキーマが作成されました。ちょっと長くなったので、続きは次へ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です