Linux(CentOS 7) 第6回 ~忘備 LAMP(2)~

インストールは終わりました。次に、ApacheとMariaDBのデーモンとしての自動起動を行います。次のコマンドを入力します。

systemctl enable httpd.service

systemctl enable mariadb.service

Image5

ここれでrebootコマンドで再起動です。

Apacheの確認
Apacheの動作を確認します。コンソールから、次の通り入力します。

echo ‘This is test page’ > /var/www/html/test.txt

次に表示するか確認します。’This is test page’と表示されれば成功です。

curl http://127.0.0.1/test.txt

Image6

PHPの確認
PHPはバージョンを表示させインストールされていることを確認します。

php -v

Image7

MariaDBの確認
mysqlと入力し、MariaDBに接続できることを確認します。

Image8

Ctrl+Cで抜けます。

これでApache ・ PHP ・ MariaDBについて正しくインストールされ稼働していることが分かりました。

結合確認
次に組み合わせで動作確認です。次の通り入力し、viエディタを開きます。

vi /var/www/html/test.php

次の通り入力して保存します。

Image9

次に、php /var/www/html/test.phpと入力し、動作を確認します。

Image10

きちんと、時刻が表示されました。

なお外部からアクセスする場合、次のfirewallコマンドを入力します。

firewall-cmd –add-service=http –zone=public

これでpublicゾーンにHTTP(80/TCP)への接続が許可されました。次の通り、外部からのブラウザでも表記されます。

Image11

カテゴリー: Linux パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です